ボストン


【Boston】MIT卒のギタリスト、トム・シュルツが率いる寡作ロック・グループ。
8年に1枚のペースでアルバムを出していたが、第6作は11年空いた

ボストンの歴史

1947年
トム・シュルツ生まれる。
1976年
【第1作】「ボストン」(邦題:幻想飛行)発売
ギターの音色の独特さではブライアン・メイと双璧。当時トム・シュルツをコピーして似ていると尊敬された。
1978年
【第2作】「ドント・ルック・バック」発売
「Don't look back 」はボストンを代表する名曲だが、アルバム全体としては 1作めに及ばなかった。
1979年
初来日公演を行った。
1986年
【第3作】「サードステージ」発売
8年ぶりの新作。皆ボストンは引退したと思っていた。
1994年
【第4作】「ウォーク・オン」発売
8年ぶりの新作。ここまで5作品の中では最も駄作。
1997年
「グレーテスト・ヒッツ」発売
トム・シュルツ50歳。
2002年
【第5作】「コーポレイト・アメリカ」発売
8年ぶりの新作。女性ボーカル キンバリー・ダームが参加。変貌しながら活動を続けていこうという意欲は伺えるが楽曲は平凡。
2010年
8年に1作のサイクルでいくと新作リリース予定・・・ だったが出なかった。
2011年8月
新アルバムの進捗率が85%であると公表した。
2013年
公式サイト>newsに「トムは2013年半ばにニューアルバムがリリースできるだろうと言っている」と書かれている。
2013年12月
【第6作】「Life, Love & Hope」発売
11年ぶりの新作
2014年10月
来日公演を行った
関連記事
デジタル・ディレイ・マシン
メロディの美しい楽曲で1、2作めまではよかったが、3,4,5作はいま一つ。3作目以降は8年に1度のリリース。これだけ間隔を空けても新作が発売されるという点では幸せな人たち。4作までを聞き直すならば「グレーテスト・ヒッツ」で十分。〜2008年10月記〜

ハイレゾ版「Don't look back」を聴きたい。発売が待ち遠しい。〜2014年9月記〜

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2002年11月