デジタル・ディレイ・マシン


digital delay machine
音を電気的に遅延させる機械

一人の演奏にデジタルディレイをかけると、複数の人が時間差で演奏しているように聞こえる。

クィーンブライアン・メイがステージで「ブライトンロック」のギターソロ一人三重奏をやって注目された機械。
ライブ音源では、リアルタイム演奏がセンター、第1ディレイが[L]、第2ディレイが[R]から聞こえるよう、チャンネル振り分けが行われていた。

クィーンはデビューアルバムからこの機械を使用。アルバム「オペラ座の夜」B面1曲めに収録されている「予言者の歌」では、コーラスにこの機械を使っている。
ヘッドホンで聴くと、コーラスがセンター→左→右に移っていくのがわかる。

ボストンも「Don't look back」でこの機械を使用していた。

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2004年5月 最終更新 2012/9/17