しらべる音楽

本田路津子

最終更新 2009/10/22
【 ほんだ るつこ 】 1970年代の女性フォーク歌手。本名も本田路津子

 本田路津子の略歴

1949年
1月6日 福岡県生まれ 2009年で60歳
子どもの頃、父のレコード・コレクションでジョーン・バエズを聴き、フォークソングに魅了される。
1970年
ハルミラフォークコンテストにジョーン・バエズの「シルキー」で出場し優勝。歌手デビューのきっかけとなる。
シングル「秋でもないのに」で歌手デビュー。
1972年
NHK朝の連続ドラマ「藍より青く」の主題歌 「耳をすましてごらん」がヒット。
1975年
米国に短期留学して、出会った米国人男性と結婚。そのまま米国で暮らす。
1988年
日本に帰国。
その後は教会コンサートを中心に活動する。
1996年
4月、ベストアルバム「ベスト・コレクション」発売 2009年10月現在、市場にはない。
1997年
2月10日、唯一の著書「耳をすまして―ブックコンサート 」出版
1998年
11月、ベストアルバム「GOLDEN J-POP/THE BEST 本田路津子」発売
2008年
6月、ベストアルバム「GOLDEN☆BEST 本田路津子」発売
2009年
6月に発売されたオムニバスアルバム「日ごとの糧をお与えください-主の祈り-」に参加
森山良子に次ぐ、1970年代の代表的な女性フォークシンガー。
「今日の日はさようなら」は森山良子が1966年に出した曲。本田はそれをカバーして歌っていた。いくつかのベストアルバムに収録されている。


*参考文献「耳をすまして―ブックコンサート 」いのちのことば社



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2009年10月