クィーン活動再開


1970年代〜1980年代に活躍したクィーンのメンバーのうち2人が「QUEEN+PAUL RODGERS」という演奏者名で2005年から2009年まで活動した

【メンバー】
ギター:ブライアン・メイ
ドラムス:ロジャー・テイラー
フレディ・マーキュリーに替わるボーカリストは元バッド・カンパニーのポール・ロジャース。

音楽活動から引退しているベースのジョン・ディーコンは参加せず、ツアーは上記の3人とサポートメンバーで行われた。
アルバムでは3人のメンバーがベースを弾いている。

【時系列の記録】

2005年
1月、ポール・ロジャース+QUEENの欧州ツアー開始が公表される。
3月28日、ロンドンのブリクストン・アカデミーを皮切りに5月まで欧州ツアー開始。
7月1日、来日公演が発表される。
10月26日27日、さいたまスーパーアリーナ
10月29日30日、横浜アリーナ
11月1日、ナゴヤドーム
11月3日、福岡ドーム
2008年9月
初めてのオリジナルアルバム「the cosmos rocks」発売
初回限定盤は 2005/10/27さいたまスーパーアリーナライブとの2枚組
ジョン・ディーコンが参加しないし、ポール・ロジャース(ロジャー・テイラーと同い年)もフレディスタイルで歌うわけではない。これはポール・ロジャースというシンガーとクィーンという名前のロックバンドのツアーであり、かつてのクィーンの活動再開ではない。
ただ、ブライアン・メイのギターが奏でるクィーンソングがライブで聞けるのはクィーン・ファンにとって嬉しい知らせである。きっと成功した大人になったかつてのクィーン・ファンが懐古主義な余興に 12,000円ものチケット代を払ったのだろう。
2005年10月28日深夜のテレビ東京では、10月26日〜30日分のチケット販売CMが流れていた。
〜2005年10月記〜

クィーンの歴史

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2005年1月