しらべる音楽

さだまさし


長崎出身の歌手であり作家

1952年4月10日
長崎県生まれ
1972年
吉田政美とグレープを結成。
1974年
「精霊流し」発表
1976年
グレープ解散 ソロ活動に入る
1977年
「秋桜」発表
1979年
「関白宣言」が大ヒット。日本初のアナログレコード12インチシングル「親父の一番長い日」発表
紅白歌合戦初出場
1980年
映画「翔べイカロスの翼」主演
1981年
監督主演制作を手がけた映画「長江」公開。制作費がかさみ利息込み35億円の借金を抱えた。さだは借金返済のため全国ツアーに奔走したことで、固定ファンが付き話芸が磨かれたと語っている。
1987年
8月6日、平和をテーマにした無料野外コンサート「夏、長崎から」第1回開催。
2001年
7月「おばあちゃんのおにぎり」くもん出版 小学1年生の時の実話を描いた児童文学作品。
9月、小説処女作「精霊流し」その才能に驚く心温まる名作。
2002年
12月1日、小説「解夏」 後に石田ゆり子主演で映画化された。
12月10日、絵本「親父の一番長い日」同名曲に梅田俊作が絵を描いた。
2003年
「23時間57分のひとり旅」くもん出版 中学生の時の実話を描いた児童文学作品。
5月、随筆集「まほろばの国で」
「話しのアルバム1 旅の中」新潮社 発売 以後シリーズ化されている。
2004年
12月、小説第3作「眉山」
2006年
元旦、NHKで「新春いきなり生放送!!年の初めはさだまさし」放送。不定期で続いているラジオ風トーク番組はここに始まった。
4月20日、初めての新書版随筆「本気でいいたいことがある」
世の中の問題点は、彼が書くととてもわかりやすい。
6月30日「美しき日本の面影」 過去の足跡、思い出、人を振り返る随筆。
8月6日、20年続けてきた平和に因む野外コンサート「夏、長崎から」最終回
2007年
1月、随筆「もう愛の唄なんて詠えない」ダイヤモンド社
5月、小説「眉山」が映画化、公開された。
2008年
5月、小説第4作「茨の木」
2009年
5月、小説第5作「アントキノイノチ」
6月、随筆「美しい朝 もう愛の唄なんて詠えない<第2楽章>」ダイヤモンド社
NHK「今夜も生でさだまさし」が始まる。月1回ペース不定期で放送。
2011年12月
映画「アントキノイノチ」公開
2012年
4月10日(火)60歳の誕生日に「The Birthday Party in Masashi Super Arena」開催 さいたまスーパーアリーナ 9,500円(記念グッズ付き)
4月10日「大変なンすからもォ。」CD-BOOK
4月10日、亡き父について書いた随筆「かすてぃら」小学館
6月「大変なンすからもォ。きだまきしとTake It All JAPANテキトー・ジャパン(DVD付) 」発売
長崎を舞台にした映画
江山楼
ど素人!長崎県講座



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2005年1月 最終更新 2015/10/4