サザンオールスターズ


日本のポップスバンドの中で最大の支持を得る 5人組バンド
2013年、デビュー35周年を機に活動再開

【サザンオールスターズの歴史】

1978年
6月25日、シングル「勝手にシンドバッド」でデビュー
サザンの日
1979年
3月、3枚目のシングル「いとしのエリー」で不動の支持を得るポップスバンドとしてのスタートを切る。
10月「C調言葉に御用心」
1982年
1月、シングル「チャコの海岸物語」
10月、シングル「Ya Ya(あの時を忘れない)」
1984年
6月、シングル「ミス・ブランニュー・デイ」
10月、シングル「Tarako」この曲はシングルのみでアルバムに収録されていない。
1985年
5月、シングル「Bye Bye My Love」
8月、シングル「メロディ」
1988年
6月、シングル「みんなのうた」
1989年
4月、シングル「女神達への情歌(報道されないY型の彼方へ)」 11月、シングル「フリフリ’65」
1990年
7月、シングル「真夏の果実」
1992年
7月、シングル「涙のキッス」
1993年
7月、シングル「エロティカ・セブン」
11月、シングル「クリスマス・ラブ(涙のあとには白い雪が降る)」
1998年
5月、サントラ「稲村ジェーン」
2000年
1月、シングル「TSUNAMI」
2008年
5月19日、無期活動休止宣言
8月19日「音楽誌が書かないJポップ批評 54サザンオールスターズ桑田佳祐」宝島社 出版 8月16、17、23、24 日産スタジアムで「真夏の大感謝祭30周年記念LIVE」開催
2013年
デビュー35周年を機に活動再開
8月、野外ステージツアー開催 8月31日は茅ヶ崎で2万人を集めた。
2014年12月
9年ぶりの年越しライブ開催(4days)
大晦日、ライブ会場からの中継で31年ぶりに紅白歌合戦出演。
2015年3月31日
10年ぶりの新譜「葡萄」発売
全国ツアー「おいしい葡萄の旅」→おいしい葡萄の旅 東京ドーム 2015年5月24日
デビュー直後、TBS「ザ・ベストテン」に注目のアーティストとして番外出演。
「勝手にシンドバッド」の音符よりたくさん乗った日本語にロックファンは腰を抜かした。
3枚目のシングル「いとしのエリー」はそうしたロックファンをがっかりさせたが、実はポップバンドが本筋でロックモードは二枚腰だった。
〜2000年4月記〜
津波湘南桑田佳祐



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2004年9月 最終更新 2015/5/23