しらべるビジネス

BCP


Business Continuity Plan
大地震など業務を中断せざるを得ない事象が起きた時、速やかに基幹となる業務を再開して継続できるよう、日頃から策定する計画

概要
総務部門、経営企画立案部門が策定する。

検討事項
代替本社の設営
本社とは遠隔地にある任意の出先で、本社の代替機能が遂行できるよう、設備を整えておく。
本社屋における業務再開の手順
初動で復旧にあたる人員の選任。

【 BCPの歴史 】

1970年代
IBMCFIAを開発。有事訓練の先鞭を付けた。
2001年
NYCのテロの後、日本にBCPという言葉が入ってきた。
2015年
経産省がBCPガイドライン作り、BCP訓練担当者の育成に乗り出す。
「会社から半径*km以内に居住」「交通機関が止まっても、徒歩で出社可能」という基準で白羽の矢を立てることがある。なぜならば、管理職が遠距離通勤しているからだ。本来ならば、少々家が高かろうが、管理職は会社の近くに住まなければならない。だが、BCPを練るのはそうした管理職たちなので、自分に火の粉がかからぬよう「近い人でどうだ」とやる。そういう会社からは、一体感が損なわれていく。

可用性



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現  Copyright しらべる 初出2014年4月 最終更新 2014/12/13