しらべるビジネス

わかりにくいドキュメントで煙に巻く方法

最終更新 2005/8/18
こう書けば誰にもわからないというビジネス文書の作り方

同じ名詞を言い回しを変える。
「システム担当者」「保守窓口」「ユーザー担当」のように同一人物なのに、その役割や微妙なニュアンスごとに表現を使い分け、1枚のドキュメントに記載する。読み手はまず解読できない

テキスト(文字)だけで記述する。
図や表は一切入れない。極力要点だけに絞り、行間は口頭で補足する余地を残せば、わかりにくさは完璧

毎回図を変える。
定例会議で同じテーマについて、毎回図を作り直し、目先を変える。全体像を把握させたくない時に有効。

システム評価レポートの悪例



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現  Copyright しらべる 初出2005年8月