仕事が速いと言われる方法

最終更新 2014/6/7
自分が頼んだことをすぐやってくれると、人は「この人は仕事が速い」と感じる。
実際に仕事を速くするということは、秒単位で切り詰めることの積み重ね。
仕事の効率を上げるために、個人としてできることをまとめる

テクニック
自分がやっていたこと、やろうと思っていたことを後回し。頼まれたことを先にやる。
こうすると、頼んだ人から見れば「仕事が速い」
自分としても、頼まれてすぐの方が、記憶が新しいので速く処理できる。時間が空いたらやろうと思って「to do リスト」に入れると、記憶が薄れていくと同時に、難易度が高いと錯覚してストレスになる。

自己管理
ABCで仕事の記録をとる。
時間を切り詰める感覚は、ABCでこそ身につく。

環境
机の上の配置を変える。
電話、メモパッド、ペン、ペン立て、時計、カレンダー、飲み物が最短時間で手に取れるよう工夫する。
机の引き出しを片付ける。
段ボールで小さいトレーを作り、引き出しの中を仕分けする。使っていない文具は同僚にあげるか、部署の文具リサイクルボックスに返す。

パソコン
何でも辞書登録する。
辞書登録しておくと便利な、よく使う単語と短文
ショートカットキーを使う。

メール
迷惑メールの振り分けをする。
海外迷惑メールの振り分け
受信日時を降順表示。メールは新しい順に読む。

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2008年5月