しらべるビジネス

リース

最終更新 2004/6/8
物品、設備、車両などの長期賃貸契約

途中解約できない。
使わなくてもリース期間終了までリース料を払わなければならない。
途中でいい物が出ても機種を変えられない。
物はリース会社の資産。
借りる側の資産ではないので、減価償却しなくてよい。
リース代を「賃借料」のような名目で、経費として処理する。
リース物件は貸借対照表に載らない。
リース期間が終わると物を返却するか、再リース(延長のこと)にする。交渉次第では現金で払い下げてくれることもある。
毎月のリース料は[現金価格]×[リース料率]で計算する。
【 例 】
10万円のパソコンをリース料率=3年3.3%のリース業者とリース契約する場合。

10万円×3.3%=3,300円

毎月3,300円を36ヶ月支払う。



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

初出2004年6月  Copyright しらべる