しらべるビジネス

プレゼン


プレゼン=プレゼンテーション。
企画、提案、答申について説明すること

1990年代まで、紙の資料を配付して、その内容をOHPでスクリーンに投影して行われていた。

2000年代に入ってから、ITベンダーカンファレンスは100% Power Point等のスライドショーで行われるようになった。OHPは粗大ゴミになった。 〜2001年10月記〜 

プレゼンを一度でもしたことのある人は、準備が 大変な作業 であることがわかるのだが、一度もやったことない人には 「机上の空論」「パソコン遊び」 に見える。
プレゼンの場で本題とは外れた枝葉末節にケチをつける人は、自分で企画をまとめる力がない人である。

プレゼンを聴いた時は 「今イチだねぇ」 と言っておいて、後でちゃっかり盗用している「いただき」や、「参考にするから」とファイルを要求するのはモラル違反。
2001年頃には、内容そっちのけで「 Power Pointっていいねぇ、始めようかな 」という人が大勢いた。彼らはパワーポイントを使うと企画が沸いてくると錯覚していたようだ。

下手なプレゼン上手なプレゼンサンワダイレクト モバイルプロジェクター




毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 最終更新 2015/12/16