しらべるビジネス

上手なプレゼン

最終更新 2010/9/15
上手なプレゼン資料のアイデア

 →下手なプレゼン

喋ることはすべて資料に書く。
思いつきで口頭補足する説明は理解不能。そんな会社とつきあいたくはない。聞き手はもう次のプレゼンターに心が飛んでいく。

隠し事をしない。
「これは秘密です、オフレコですから資料に書いてません」というような姑息なトークは古い。

途中(段落/シート毎)で区切って質問を受けることを宣言する。
「途中でばんばん質問してください」という八方美人な語り手は信用できない。

つかみのアイデア
提案資料一頁めの表題を10%右上がりにする。
他の日付、署名などはそのまま。
「あ、タイトル ちょっと傾いてますね・・
このプロジェクトの成功を祈って、10%右肩上げときました」

スピーカー 話し手の基本



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2007年1月