プロジェクトを成功させる方法

最終更新 2006/11/6
プロジェクトを成功させる方法。

WEBで情報公開する。
発表資料はイントラネットに置き、URLを公開する。そのためにファイル名はネーミング・ルールで、半角英数字に限定する。

役割は明確にする。組織図でダイアグラム(箱)ごとのリーダー、サブリーダーを明確に示す。

文書フォーマットをルール化する。
最低でもビジネスフロー、データフローの2点について第1回打合せで提示、それ以外のフォーマットでの資料作成を禁止。資料改訂、参加者への最新版展開のルールを決める。

議事録を取る。プロジェクターでスクリーンに投影し、全員で確認しながら議事を進める。終了後速やかにイントラネットで開示する。発言者名は個人名で記載する。

タスク管理はPNDでおこなうこと、PNDを定期的に改訂し、メンバーに展開することをルール化する。

PND作成者=議事進行係り=プロジェクトリーダー は同一人物にする。

社外、グループ外のメンバーを入れる。
 社内メンバーは「実際誰がやるのか」「あとが怖い」と思うと本音が言えない

リーダーは調整屋ではなく分析屋を選ぶ。

発言者氏名入りの議事録を取りイントラネットで全社に公開する。

開始終了時間の厳守、私語の禁止などのルールを決める。
会議の進め方(司会進行編)

メンバーに手当(報酬)を出す。
公文書で発令、告知する。


プロジェクトを失敗させる方法

PM ど素人!プロジェクト講座

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2002年9月