リップルウッド・ホールディングス

最終更新 2004/5/13
米国の大手投資会社。機関投資家から集めた資金で経営不振の企業を買収、再建後に高値で売却して利益をあげている

1995年
ティモシー・C・コリンズが会社設立。
1998年
経営破綻した日本長期信用銀行(現在は新生銀行)をおよそ1,200億円+瑕疵担保特約付きで買収。
2001年
5月9日、日立製作所から日本コロンビアを109億円で買収。美空ひばりの音楽が米国の傘下に入る・・と話題になった。日本コロンビアはAV機器事業を別会社に切り離し音楽ソフトに特化して生き残りをめざす。
5月10日、会社更生法適用を申請していた宮崎シーガイアの経営を引き継ぐことが決定。買収金額180億円。
10月、日本コロンビアのCEOにストラウス・ゼルニック(元BMGエンターテインメントCEO)が就任。
2003年
3月13日、ティモシー・C・コリンズCEOはシーガイアに次いでハウステンボスの支援もあり得ると発言(後にハウステンボスは野村ファイナンスグループの支援が決定)
8月、日本テレコム買収を発表。
2004年
2月19日、新生銀行上場。リップルウッド投資グループの売却利益は約2,300億円。利ざやはおよそ1,100億円。
4月「セイビング・ザ・サン―リップルウッドと新生銀行の誕生」ジリアン テット 日本経済新聞社から出版される。
5月、ダイムラー・クライスラーが支援を打ち切る三菱自動車の支援に動くと報じられる。

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新