孫子の兵法

最終更新 2006/7/3
【そんしのへいほう】「孫子」は紀元前400年頃の春秋時代に記された戦争のしかた(兵法)についての13篇約6,000字からなる書物。著者は兵法家の 孫子(本名:孫武)

日本には紀元後735年、吉備眞備(きびのまきび)が伝えた。
孫子に書かれた戦い方のことを現代の日本において「孫子の兵法」と呼んでいる。
「孫子の兵法」をテーマにしたビジネス書が多数出版されていて、リーダー的立場にある人、リーダーをめざす人に好まれている。
サッカーポルトガル代表監督ルイス・フェリペ・スコラーリは「孫子」を学び、その資料を選手にも配ったと報道されている。

孫正義

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2001年11月