ストック・オプション

最終更新 2001/3/17
自社株購入権。一定の自社株を決められた単価で買える権利。株価が上昇すると、この権利を使って自社株を買い、売却して儲けることができる

役員だけでなく、一般社員にこの制度を適用すると社員は必死になって働く。米国のウォルマートでは、レジのおばさん達がこの権利を使って億万長者になっている。米国の企業人材をスカウトする際に条件として入れられることが多い。
日本では1997年6月に解禁された制度。本来ストックオプションは法人からの贈与として一時所得として扱われる類のものだが、国税庁は通達で給与所得とするとしている。

株価が高い水準の時にストックオプションを導入しても株価が上がらなければ社員はやる気が出ない。2001年3月、この理由でタカラ(玩具)は開始直前に導入を延期した。

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新