しらべるビジネス

ベンチャーキャピタル

最終更新 2001/4/21
高い技術力を必要とする新しい産業分野の事業者に対して、出資・貸付を専門に行う企業

本来、起業家を育てるのは銀行の仕事なのだが、担保にこだわった銀行の審査では、資金力のない優秀な人材がお金を集めることができない。
ベンチャー・キャピタル業者は、そういう優秀な人材に対して出資することで、その事業が大化けした時にハイリターンを得ることができる。

1946年に設立されたARD(American Reserch and Development)の創始メンバー、ラルフ・フランダース、ジョージ・ドリオが初めてのベンチャー・キャピタルを創設した。ベンチャー・キャピタル初の成功と認識されているのは、1957年に米国DECへ行った投資とその成功である。

参考文献 
「経営革命の構造」米倉誠一郎、岩波新書、1999年




毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる