社内の他部署の人と話す時の同僚の呼び方

最終更新 2008/2/5
本人を呼ぶ時と同じ呼称で呼ぶ

「山田部長」「山田さん」「山田君」「山田」
いつも、その人を呼んでいるのと同じ呼び方で呼ぶ。
いつもその人を「山田さん」と呼んでいるならば「うちの山田さんが・・」のように呼ぶ。


ビジネスマナーを間違って覚えている上司の中には、他部署の人に向かって「うちの山田が・・」と呼び捨て呼称する人がいる。
ひどい時には自分の部の違う室の人に対して、それをやっている。
そこにその本人がいたら、こんな常識と暖かみのない上司の下で働いているのかと情けなくなる。

上司が間違っていても、諫言しづらい。
その上司はいつまでも間違い続けて、毎日のように呆れる人を増やしてしていく。

ビジネスマナーの本には「部外者に対しては、社内の人間を呼び捨てにするのがマナー」ということは書いてあるのだが、このページのテーマについては書かれていない。

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2006年7月