しらべる自動車 交通

カーナビ(後から付ける場合)

最終更新 2007/7/21
HDDナビが最新技術。VICSを付けておきたい。
予算に余裕があれば、カーナビ対応ETCを付けたい。
持ち運びができる廉価のカーナビがよく売れているが、自動車で使うことが多いのならば設置が煩わしい

iモード対応DVDカーナビ(2000年春登場)が最新技術。
揃えるもの=DVDカーナビ+カーナビ対応 iモード携帯電話(2000年春発売)+専用ユニット(5万円弱)普通はディスクを買い換えるまで、どんどん情報が古くなっていくが、お店情報など最新情報を更新できる。お出かけ前に、ダウンロードしておくことも可能。
〜2000年5月記〜

後付けのカーナビで、液晶画面がダッシュボードに入らないタイプは、売却時の査定プラスにはならない。査定員は「査定に入っている」と言うかも知れないが、買い取った車からカーナビを外して査定員が売ってしまうこともある。
車を売る時、カーナビは取り外して次の車に付ける。
使っていたカーナビが不要の場合、車につけて売る査定プラス分よりは、ヤフオクで売った方がお金になる。

カーナビを安く買う 中古カーナビ
カーナビ選びの基本
カーナビ(新車購入時)
【価格.com自動車保険】無料一括見積もり!



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる