しらべる自動車 交通

車のフロントガラスの内側の掃除

最終更新 2009/1/10
【 内側 】
ガラスが曇った時は乾いたタオルで吹く。
ガラスが曇っていない時は息を吹きかけて吹く。または、軽く水分を含ませたセームで拭き、乾いたタオルでから拭きして仕上げる。
汚れが目立ちやすい白いタオルを、ダッシュボードに常備しておくとよい。

フロントガラスの内側掃除に効果的な「カー用品」がない。
「内側専用」としては初めて、1999年にユニチャームから「ラクーナ」(¥300)が出たが、汚れを伸ばしてしまうだけだった。 〜2000年12月記〜
「窓ふくピカ」は窓専用の汚れ拭きシート。水分が多く水垢の筋が残る。逆光ではその筋のために視界が悪くなる。 〜2008年12月記〜
スプレーで泡が出るタイプの家庭用ガラスクリーナーを使うときれいになる。
泡が飛び散らぬよう、白い布に泡を少量とってからガラスを「の」の字を書きながら拭く。その後、きれいな白いタオルでから拭きをする。〜2009年1月記〜


【 外側 】
天井に塗ったワックスが、雨で流れて油膜になるため、油の分解が必要
→ウォッシャー液の代わりに一度、ウーロン茶(大ペットボトル・薄めない)を使う。

水を含ませたセームで拭き取る。それでも水垢が残るので、乾いたタオルでから拭きして仕上げる。



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる