しらべる自動車 交通

飲酒運転の罰金(2002年)

最終更新 2004/2/16
飲酒運転の罰則と基準

このページは2002年6月施行ルールの記事です。 

酒酔い運転
3年以下の懲役または50万円以下の罰金

2002年6月1日、道路交通法改正。
呼気中アルコール濃度が0.25→0.15mg/l 以上で「酒気帯び」となった。

酒気帯び運転
1年以下の懲役または30万円以下の罰金。
0.15〜0.25mg/l→6点限定
0.25mg/l以上→13点減点。

自転車の飲酒運転は2年以下の懲役、または10万円以下の罰金が科せられる。

*参考文献 「あなた、それは有罪です!」上野勝 イーグルパブリシング 2004年2月 184ページ

危険運転致死傷
飲酒運転の罰金(2007年)




毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる