しらべる自動車 交通

飲酒運転の罰金(2007年)

最終更新 2009/6/2
2007年9月19日、飲酒運転に関する様々な規則が新設された。
飲酒運転の罰則と基準 最新のまとめ記事

新設
「車両提供罪」相手が酒を飲んでいることを知りながら車を貸す。
酒酔い運転→5年以下の懲役または100万円以下の罰金

「酒類提供罪」飲食店が相手が車を運転して帰ることを知りながら酒を提供する。
酒酔い運転→3年以下の懲役または50万円以下の罰金。

「同乗罪」運転者の飲酒を認識しながら、乗せて欲しいと依頼して一緒に車に乗る。
酒酔い運転→3年以下の懲役または50万円以下の罰金。

「飲酒検知拒否罪」呼気検査を拒否
3か月以下の懲役または50万円以下の罰金

2007年6月、自動車運転過失致死傷罪施行。「酒酔い」で死傷させた場合、最高懲役10年6か月(以前は同7年6か月)


危険運転致死傷

ど素人!法律講座



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2007年9月