しらべる自動車 交通

高速道路料金 1000円

最終更新 2011/6/7
2009年3月に実施された、消費を刺激することを企図した景気振興策。
地方区間の高速道路料金について、休日の料金を 上限1,000円とした。
2011年6月19日に廃止される

割引対象

ETCによる料金決済
普通車

利用時間の一部に、休日が含まれていればよい。
【 例 】
金曜日 9:00に高速に乗る → 曜日 0:10に高速を降りる
曜日 23:50に高速に乗る → 月曜日 22:00に高速を降りる
地方平日9時〜17時は、3割引き
地方平日17時〜9時は、従前から割り引きがある。

【 時系列の記録 】

2009年3月28日
時限値下げ期間に入った。
2009年4月29日
コンピューター・システムリリース。地方区二度乗りも千円になる。
当初は、地方区〜都市部〜地方区と乗りついだ場合、2,000円を請求された。
2010年6月28日
民主党政権による一部自動車道路の無料化実験が始まった。従来の高速1000円もそのまま維持される。
2011年3月27日
当初の「高速1,000円」時限値下げ期間終了予定日
2011年4月1日
「高速1,000円」延長 民主党は「高速無料」を公約にして政権をとったが放棄。直前まで「平日2,000円」の追加措置を決めていたが、東日本大震災のためとりやめた。「高速1,000円」については「いきなり4月1日からやめるのは周知徹底の時間がない」として自民党政権の施策を継続した。
2011年6月19日
東日本大震災復興財源確保のため廃止。
高速は、日曜に乗れば千円か?

【 高速道路料金 1000円の関連記事 】

高速道路の料金を調べる
ETCの歴史
高速道路で行く東京−九州の旅



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2009年3月