日本のミッドシップスポーツカーの歴史


1984年6月に幕を開けた日本のミッドシップスポーツカーの歴史

1983年
東京モーターショーでトヨタがSV3(市販車名:MR2)を発表。
1984年
6月8日、トヨタMR2発売
1600cc2人乗り
1990年
ホンダNSX発売
3000cc2人乗り
1991年
5月15日、ホンダビート発売
550cc2人乗りオープンカー
1999年
10月12日、トヨタMR−S発売
1800cc2人乗りオープンカー 世界で初めてシーケンシャルMTを搭載した。
2007年
6月、トヨタミッドシップスポーツヒストリー展閉幕
7月、MR-Sファイナルバージョン生産終了。ここから8年間、ミッドシップの歴史が途絶えた。
MR−Sの歴史
2015年4月
ホンダがS660を発売。8年ぶりに日本にミッドシップ車が誕生した。

関連記事
2シーターのスポーツカー
オープンカー
MR-Sの歴史
●●の歴史

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2007年11月