もみじマーク

最終更新 2011/2/2
75歳以上の運転者が自動車につける高齢者マークの通称。
高齢運転者標識

1997年10月30日
施行。75歳以上の努力目標
1997年施行時は、このマークをつけている運転者を保護しようという趣旨だった。
2001年
70歳以上の努力目標となる。
2008年6月1日 75歳以上は、車両に装着することが義務化された。
70歳〜74歳は、努力目標のまま。
2009年 75歳以上が義務から努力義務となり、罰則がなくなった。70歳以上一律に努力義務となった。
2011年
2月1日、四つ葉のクローバーのデザインに変更された。

当初のマーク


2011年2月以降のマーク

2009年6月1日、改正道交法施行 75歳以上の更新者に「講習予備検査」が義務づけられた。
従前から免許の期限満了日が75歳以上の運転者には「高齢者講習」が義務づけられていた。

「講習予備検査」は、イラストを見たあと、思い出せるだけ名称を書き出す記憶力テストなどを行う。
結果がよくない場合、実車指導などが行われる。

道路交通の歴史

聴覚障がい者マーク
免許の更新

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新