しらべる自動車 交通

燃費を良くする方法

最終更新 2005/11/2
添加剤を入れたり、高いオイルを入れたり、エンジンルームに細工をせず、誰でもできる方法

結論:加速したあと、アクセルを踏んでいない状態(惰性)で走る距離を長くする

アクセルを踏んで生まれた前進力を(信号や車間距離が詰まって)ブレーキで消すことが燃料の無駄になる。
空いている道路で後続車が迫っていない時、前方の信号がだったら、アクセルを踏むのをやめて惰性で停止線までたどり着く。

MPVのツーリング・コンピューターで「瞬間燃費情報」を見ると停止からの加速時は1〜2km/l だが、惰性・時速40km/h走行時は35〜40km/lを計測する。無駄なアクセルを踏まないだけで平均燃費が4.5km/l から →5.5km/l に上昇した。



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる