NSX


【えぬえすえっくす】ホンダのミッドシップ2人乗りスポーツカー
お金さえ出せば、今でも新車同然の初代NSXを手にすることができる
NSXリフレッシュプラン
2016年にNSX(第2世代)が発売された

【NSXの歴史】

1990年
販売開始 価格980万円
栃木県の高根沢工場で、受注生産
V6 3000cc自然吸気エンジン(NA)オールアルミの車体。
当初納車1年半待ちと言われたが、バブルがはじけたためキャンセルが相次いだ。
NSXのパトカーが、栃木県警高速隊に配備された
2001年
12月、フルモデルチェンジ。発売以来のリトラクタブルライトが丸目2灯×2に変わる。これで前面の外観が1993年型GTOそっくりになった。後部バンパースカート外観改良。車体軽量化。920〜1201万円。
2003年
10月、一部改良。複製キーが使えない仕様に変わる。920〜1201万円。
10月、東京モーターショーで次期NSXと思われる試作車HSCが発表される。
2004年
高根沢工場での生産終了
4月3日、メルマガ購読のS2000、NSX、インサイト現オーナー200人を対象に「さようなら高根沢工場見学会」が開催された。
5月、鈴鹿工場で生産開始。
2005年
3月22日、限定5台5,000万円のNSXタイプR GT申込み締切
7月12日、生産中止を発表。
2010年
NSXリフレッシュセンターが鈴鹿から再び高根沢に戻った
2016年
NSX(第2世代)発売
関連記事
ミッドシップハイブリッドスポーツカー
MR−S
S2000

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyrightしらべる 今日の更新