しらべる自動車 交通MR−S講座

アレッサンドロ・ボルタ

最終更新 2004/4/1
トヨタのミッドシップ・ハイブリッド・スポーツカー

2004年、ジュネーブショーで発表。
電池の発明者「アレッサンドロ・ボルタ」の名を冠している。
イタリアの「イタルデザイン」がデザイン。
動力はトヨタ・ハリアー用のハイブリッドシステム
V6、3,300ccエンジン
駆動:ミッドシップ
3人乗り。

ミッドシップ・スポーツカーには乗りたいが、リッター3kmでは困る、走りはそこそこでいいからという需要はきっとある。リッター12km走るというハイブリッドを積むスポーツカーは合理的。ただ300万円を大きく超えるようだとほとんど売れないだろう。だが、4500ccのスーパースポーツ(トヨタレクサス系列)はさらに売れないだろう。

雑誌「ベストカー」(講談社)は2004年3月10日発売号以降、ボルタについて継続的にとりあげている。



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2004年3月