コンプリしたくなる理由

最終更新 2008/3/9
中途半端に持っているから

 モノを中途半端に持つと、持っていないモノに目がいく。
たとえば全6色のG−SHOCKで1色持っているだけの時は6色欲しいとは全然思わない。
ところが「これは恋人用」とか「これは保存用」とか言いながら2つ、3つになると、6色コンプリが見えてくる。

モノを持っていない人は、モノにこだわらない。
モノを中途半端に持っている人は、さらにモノにこだわる。

必要なモノまででストップをかけるには「もう一人の自分」を持つとよい。
本当にそれは必要なのか?
もう1人の自分で、色違いの時計を1つ増やすことと、そのお金で仲間と3回のみに行くこと、あるいは本を10冊買うこと、他の価値と比較して、妥当かを考える。

コレクターから抜ける方法
コレクター
シークレットボックス

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyrightしらべる 今日の更新