しらべるコレクター

ノモマックス(ファーストカラー)


1997年当時MLBドジャーズに在籍した野茂英雄シグネチャーモデル。ナイキが日本人のシグネチャーモデルを作ったのはこの靴が初めてだった。
ナイキのクロストレーニング・シューズ。


27.0を購入。小さかったので27.5を買い足し、後に保存用に1足買った

1997年Springシーズン発売。「NIKE完全読本Vol.3」では「発売月1996年12月、1997年2月」となっている。ドジャーブルーに白の組合せのファーストカラーは以後3シーズンに渡って販売された。

ヒールトップに野茂の背番号「16」の刺繍が入っている。
アッパーデザインは野茂の「派手でなくアグレッシブなものに」というリクエストを元に彼が好きなドジャーズのチームカラー青、白を採用。空想上のモンスターの手をイメージした。

参考文献 
「NIKE完全読本VOL.3」ソニー・マガジンズ 1996.12.30発行


ナイキブーム絶頂時の人気商品。当時メーカー希望小売価格15,000円。この値段で売られるショップでは入荷日に即完売。「並行輸入」と称するプレ値の店では28,000円〜30,000円で販売されていた。
当時は転売目的でメーカー希望小売価格で売る店で買い占める輩が多く、ブームが去った後 Yahoo!オークションで投げ売りされた。2000年には新品27.5cmが13,000円、2002年は6,400円で落札されていた。

同時期に野茂が試合で使用していた同様のデザインのスパイクも発売された。
ノモメタル

2011年には、初めてノモマックスが復刻されたが、ファーストカラーの青/白、白/黒は出ていない。
ノモマックス復刻 2011年

1997年に購入したノモマックスは、購入後9年でリアフットエア周りのミッドソールが加水分解し、寿命を終えた。


履いていた2足は加水分解したが、乾燥剤を入れて箱に入れて保管している1足
2002年3月撮影


保管していたNOMOMAXも加水分解した。
2015年12月撮影

関連記事
ノモマックス復刻 2011年ノモマックスの歴史エアマックスの歴史歴代エアマックスファーストカラー一覧



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 最終更新 2015/12/13