V・ファーレン長崎 平和祈念ユニフォーム


原爆の悲惨さとともに、スポーツを楽しめる平和の尊さを感じられるようにという思いが込められるユニフォーム

概要
初出:戦後70年・被爆70年を迎えた2015年の夏
7月〜8月の数試合で着用
メーカー:hummel

販売
初夏の限定販売
価格:その年のオーセンティックと同額
マーキング対応
欧州でも発売される

特徴
毎年デザインが変わる
平和の象徴をデザイン
2015、2017、2018は折り鶴をデザイン

▼2015

▼2016

▼2017

▼2018

【時系列の記録】

2015年
初めて平和祈念ユニフォームを製作
8月8日札幌戦、23日讃岐戦の2試合で着用
2016年
「ナガサキ誓いの火・灯火台」がデザインモチーフ
前面に平和祈念像の"原爆の脅威を表す右手"をあしらった
7月31日FC町田ゼルビア戦、8月14日ツエーゲン金沢戦、8月21日愛媛FC戦の3試合で着用
2017年
平和祈念ユニフォーム 2017発売
初めてアウェイ戦で着用
2017年12月31日
アルゼンチンのサッカーサイト「Lacasaca」が選ぶ2017年の優れたデザインのユニフォーム1位に選ばれた
2018年
平和祈念ユニフォーム 2018発売 6試合着用予定
受注予約の時期を逃すと買うことはできない。

関連記事
V・ファーレン長崎ユニフォーム 2018 HOMEV・ファーレン長崎ユニフォーム 2017 HOME長崎の原爆原爆の歴史

2005年から毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2018年5月