しらべるパソコン

押下

最終更新 2009/5/11
【 おうか 】 キーを押して離すこと

パソコンのキーボードを押すことを表現するとき、操作説明書で「押下」と書く。
マウスボタンを「クリック」することと区別するための用語。
「押す」と書くと、マウスボタンを押すのか、キーボードを押すのか、画面を押すのか(屁理屈を言う人はこういうことも言う)を特定できないために 「押下」を使う。

「押して離さないこと」(ショートカットキー操作時の[Ctrl]キーの動作)を押下だと言い張る人がいるが、日本語本来の意味ではないし、コンピューターシステムの運用では、キーボードを単独で押して離すことを押下と呼んでいる。

IT技術者が書く操作マニュアルに使われている言葉。
一般には全く使われないので、初めてこの言葉に接した人は戸惑う。
国語力を過信しているITに疎い人には「そんな言葉はない」と怒り出す人もいる。

IT技術者の中には
「画面上の修正ボタンを押下する」
と誤記する人がいる。
正しくは 画面上の修正ボタンをクリックするである。
こういう技術者がいると、ユーザーは混乱する。




Copyright しらべる 初出2006年8月