スクリーンセーバー

最終更新 2009/4/29
画面のやきつきを防止するために、一定時間、画面表示が変わらない場合、動きがある画像に切り替える機能

液晶ディスプレイは焼き付かないので、スクリーンセーバーは不要。
しかし液晶には寿命がある。画面に何も表示しないことが長持ちの方法。画面のプロパティ>スクリーンセーバー>電源 で「モニターの電源を切る」設定をする。(windows2000の場合)
スクリーンセーバーを使う場合は「模様なし」を指定する。

スクリーンセーバーはメモリーを消費するので、パソコンの動きが鈍いと感じていたら、スクリーンセーバーは使わない方がよい。

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新