しらべるパソコン

Windows2000


WindowsNT4.0の後継版OS
サーバー向けOSの安定性と一般向けOSの手軽さを融合させた 初めてのWindowsとなった

【 時系列の記録 】

2000年
2月18日、日本語版発売
2004年
3月末、全メーカーがプレインストールモデルの出荷を終了 3月末、サポート終了
2006年
5月、IE7.0ベータ2は、OSがWindows2000のパソコンにはインストールできない
2010年
7月13日、マイクロソフトのサポートが終了した
Windowsサポート期間一覧
Windows9598NT4.0から直接バージョンアップできた。
Windows98まではよく起こった「一般保護違反」「ページ違反」などの強制終了が起こらない。メモリーが64MBだとサクサク動かないしメモリーのエラーによる強制終了が起こる。実用には128MB以上が必要だった。
数人で共用する時「この日記は家族に見せない」といったファイルやフォルダー毎の管理ができた最初のOS。その方法は「できるWindows2000」(「乗り換え版」ではない方)インプレス刊 に書かれていた。


後継OSWindowsXP」発売後も、安定性が高い枯れた技術として企業ユーザーに愛用されたが、2004年の出荷完了後は、企業も順次WindowsXPに乗り換えた。

関連記事
Windowsの歴史Windows2000が安定している理由アクティブディレクトリ




Copyright しらべる 初出2000年4月 最終更新 2010/7/13