しらべるパソコン

ワープロソフト

最終更新 2001/4/22
ワープロソフトが便利なのは、いつも使う簡単なビジネス文書のひな形(テンプレート)を自作しておけること、小説・手紙・日記など長文の文章記録。

議事録、企画書、会議資料は表計算ソフト(エクセルなど)を、提案用の資料はプレゼンテーションソフト(Power Pointなど)を使った方が作りやすい。

1990年代後半にパソコンが普及した後もワープロ専用機を手放せなかったオヤジ軍団がようやく部下に迫られてワードを使い始めているが、ワードはマイクロソフトオフィスの中でもかなり難解な部類のソフト。
  そういう軍団に「文章もエクセルで作ったほうが便利ですよ」と勧めても「それは表計算でしょう?」とくるから始末に負えない。

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる