リオネル・メッシ

最終更新 2010/7/11
Messi リーガFCバルセロナに所属するプロフットボール選手。 MF・FW 国籍アルゼンチン、スペイン 身長170cm 左利き

【略歴】

1987年
6月24日、アルゼンチン生まれ
1992年
4歳で地元クラブ「アバンデラド・グランドリ」入団
1994年
「ニュエルス」入団
2000年
13歳 FCバルセロナと契約。家族とスペインに移住。病気で身長が止まった彼(当時140cm)にバルサが治療しながらのプレーを勧めた。
当時、カンテラには、後に他クラブへ流出する同い年のセスク・ファブレガス、ジェラール・ピケがいた。
2004-05 ユニフォームナンバー30
8月1日、FCBarcelona on tour Japan2004で来日。鹿島−バルサ戦出場 1得点
サッカー記事の表記について
5月1日、アルバセテ戦でリーガ得点(クラブ最年少得点記録)
6月28日、18歳になったのでプロ契約。2009-10まで契約延長。違約金200億円はロナウジーニョと同額。
7月2日、U−20世界選手権2005オランダ大会 アルゼンチンU−20代表 決勝ナイジェリア戦でPK2つを左右に1本ずつ決め2−1で優勝。大会通算6得点で得点王(ゴールデンシューズ)。記者投票によるMVP(ゴールデンボール)に選出される。ゴール時にアピールしたTシャツの文言「PARA MARI BRUNO TOMI-AGUS」は妹と従兄弟に向けたもの。
2005-06

バルセロナの次世代の中心選手として期待されており、ライカールト監督は「バルサの未来」と評している。
7月30日、マリノスとの親善試合ベンチ入りしたが出場せず。
8月、親善試合でアルゼンチン代表召集される。
8月27日、リーガ1節(〜2節)選手登録できずベンチ入りせず。
9月3日、2006年W杯予選に召集される。
9月7日、契約の不備を突き、ユベントス、インテルが争奪戦と報じられる。
9月14日、CL1節今期初出場 途中出場し31分に倒されPKを獲得、ロナウジーニョが決めた。
9月17日、2013−14シーズンまで契約延長。違約金は200億円のまま。
9月26日、アルゼンチンとの二重国籍でスペイン国籍を取得。EU選手としてリーガに出場可能となる。
9月27日、CL2節 ジュリに替わり先発出場。
10月1日、スペイン国籍取得後初のリーガ サラゴサ戦に出場。
10月18日、RFEFがリーガ出場可能と認める。
11月2日、CL4節パナシナイコス戦でCLゴール
11月19日、サンティアゴ・ベルナベウでクラシコ先発
1月、プロ契約 ユニフォームナンバー30→19変更
2月22日、CLチェルシー戦レッドカードにつながるファウルを得る他、傑出した活躍。メディア、他クラブの選手が数年以内に世界一の選手になると言い始めた。CLではナンバー30をつける。
3月1日、アルゼンチン対クロアチア戦 先取点アシストの後、代表初ゴール。全得点に絡む。代表でもレギュラーの座を不動にした。
3月7日、CLチェルシー戦で足を傷めて退場。シーズン終了まで離脱。CL決勝にも召集されなかった。
5月15日、W杯アルゼンチン代表入り。No.19
6月16日、グループリーグ第2戦セルビア・モンテネグロ戦後半途中からW杯出場。1アシスト1ゴール アルゼンチン代表の初出場初ゴール最年少記録を更新。
2006-07
9月27日、CL2節65分から出場、89分に同点ゴールを決める。
11月12日、リーガ10節 サラゴサのサパテルに足を踏まれて、左足の第五中足骨を骨折、全治3か月と発表された。
3月10日、クラシコで全3得点を挙げる。
2007-08
12月15日、バレンシア戦で左足を負傷し離脱。復帰しても、腫れ物に触るように起用しなければならず、チーム無冠の原因となった。
6月、夏期五輪参加を希望していたが、FCバルセロナは認めないと発表した。
2008-09
8月4日、前シーズンまでロナウジーニョがつけていた10番を引き継いだ。
2009-10
W杯南アフリカ大会出場
2013-14
W杯ブラジル大会出場
体が弱く、頻繁に怪我をして毎シーズン一定期間、チームを離れる。世界のトッププレーヤーとしてロナウドやカカと並び称するには無理がある。
〜2008年5月記〜




Copyrightしらべる 今日の更新 初出2005年7月