2006年 FIFAW杯


イタリアが1982年大会以来、4度目の優勝。
イタリアにとって、国内で八百長疑惑が裁判で争われるのと同時進行の大会だった。
フリーライター金子達仁は「ワールドカップドイツ06観戦記」で史上最高の大会と評した。

第18回大会ドイツ開催。
開催国ドイツのみ予選免除。今回から前回優勝国の予選免除特権がなくなり、前回優勝のブラジルも南米予選に参加した。
197か国が予選に参加、本大会には32か国が出場。
最優秀若手選手賞新設。
グループリーグ48試合で258枚のイエローカードが出た。
決勝はイタリア対フランス フランスが誤審のPKで先制。イタリアがCKで追いつきPK戦。5−3でイタリアが優勝。

ベストプレーヤー

ルール

スケジュール

欧州予選

アジア予選

出場32か国

決勝トーナメント進出 16チーム

テレビ放送

入場券発売


バルサメンバーの2006年W杯
ポルトガル代表
ブラジル代表
アリアンツ・アレナ

デコファンサイト


サッカー記事の表記について



2006年ドイツW杯ポルトガル代表

ジーコ・ジャパン



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

*タイトルをもう一度クリックすると、開いた内容を閉じることができます。
Copyrightしらべる 今日の更新 最終更新 2007/11/30