25人学級

最終更新 2004/4/18
学級定員を25人程度とする試み。埼玉県志木市が導入している

2002年度(平成14年度)から導入。
小学1,2年生のみ

県費で専科担当教員を担任として配置する。

専科教員が足りなくなるので市費で補充採用する。

採用にあたっては人材を広く公募する。一律に成績上位者を選ぶような型にはまった選考はしない。


朝日新聞 2001年8月24日刊は次のように報道している。
(以下引用)

文部科学省財務課は
「学級編成の基準は都道府県がつくるが、国も教科によっては20人程度の授業を計画しており、志木市の動向に注目したい」と声明を出した。
文部科学省財務課によると、
30人から35人程度の少人数学級は秋田県のほか新潟広島愛媛、鹿児島の4県が実施している。


(引用おわり)

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

初出2004年4月  Copyrightしらべる 今日の更新