しらべる教育 常識

大学には、なぜ行くか?

最終更新 2009/4/29
大学に行くと何が違うのか?何がよいのか?

1,交友関係が違う
社会に出ると大学出は大学出どうし、高校出は高校出どうしの交遊が多い。そこから、人脈が広がっていくので、結果的に深くつきあう相手が全然違ったものになる。

2,ゆっくりと物事を考えるゆとりが生まれる。
大学4年間は、(老後を除く)人生の中では、最も時間の制約がない時を過ごせる。自然と物事の考え方の幅が広がる。

3,待遇の違い
実力主義、成果主義が日本に根付くのは難しい。サラリーマンの場合、ほとんどの企業は、学歴によって待遇に格差をつけている。

なぜ、大学に行かないか



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる