米国でコンピューター教育が進んでいる理由

最終更新 2001/3/21
米国には日本のような「指導要領」「検定教科書」がない。教師は昔からタイプライターやワープロを使い自作の教材を作っていた。キーボード配列に慣れておりコンピューターを活用する下地があり、利用することへの制限もない。

日本では、2002年4月施行の新指導要領やミレニアム・プロジェクトにより、ようやくインターネットやコンピュータ利用の規制がなくなるが、それを教材作りに活かす下地がない。学習塾や民間企業からの中途採用をしてはどうだろうか。

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新