標準版


どの教科書にも対応するよう、文部省の学習指導要領に沿って作られた教材。各教科書との「教科書対照表」が付いており、自分の使っている教科書と対応するページを探して、学習する。

教材メーカーは、教科書会社に払う著作権使用料が安く済み、販売部数も多く見込めるため、準拠版と比べて、価格を安くすることができる。

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新