しらべる教育 常識

なぜ、どうして?

最終更新 2001/1/31
「なぜ」「どうして」という、子供の質問は、あまりに基本的なことだけにかえって答えに窮する。対象年齢に応じた図鑑、学習百科事典を揃え、「考えて、調べて、発信する力」を身につけてやりたい。3歳を過ぎれば早すぎることはない。ただし、「長く使えるから」と対象年齢がずいぶん上の図書を与えてはいけない。「本ってなんだかいやだな」と、一度「本」が嫌いになった子供を「本」に戻すのは容易ではない。

中高生になってから、「なぜ勉強しないの?」と怒るのでは遅い。自主的にしらべて、学ぶ習慣をつける環境を用意するのが親の役目。
これからの時代では、幼少の頃からパソコン+インターネットの高速回線という環境を与え、インターネットを使いこなして情報収集し、まとめる力を身につけさせたい。




毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 
Copyright しらべる