しらべる教育 常識

裁判

最終更新 2008/4/26 ど素人!法律講座
訴訟を審理して、司法機関が法律に基づき、判断をすること。

訴訟とは、利害の対立を解決するために、司法機関に審判を委ねる手続き。

登場人物は裁判官、検察官、>登場人物は弁護士、原告、被告
これに証人が加わることがある。
書記官が記録をとる。

国の責任を問う裁判では、被告席に検察官が座る。

裁判は弁護士をつけず、自分1人で争うこともできる。
弁護士資格を持たない人を代理人、弁護人として訴訟や弁護をさせることはできない。

【 裁判の関連記事 】

裁判員制度
裁判官・検察官・弁護士の分かれ道
裁判官・検察官・弁護士の人数



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2006年9月