西南の役

西南の役

最終更新 2010/11/22
西郷隆盛が起こした 明治維新期最後の内戦。幕末の終わりと明治の始まりを告げた

西郷隆盛が薩摩軍を従えて、明治政府軍は初めて徴兵制により兵を招集して戦った。
戦闘地域:現在の熊本県・宮崎県・大分県・鹿児島県
この戦いで熊本城の天守が焼失。現在の熊本城の天守は1960年に再建された。
西南の役=西南戦争

【時系列の記録】

1867年
明治政府が王政復古の大号令を発した。
1876年8月
鹿児島の反政府勢力を分断する目的で、政府が宮崎県鹿児島県に併合。
1877年(明治10年)2月15日
薩摩軍が進撃を開始。ここから、後に「西南の役」と呼ばれる内戦が始まった。
熊本城にこもった「熊本鎮台」の政府軍が西郷隆盛を追い詰めた。
9月24日
西郷隆盛 自刃 享年51歳 薩摩軍、城山にて全滅。
1883年5月9日
鹿児島は分県に反対していたが、政府方針により宮崎県が独立。
*参考文献「日本全国県境の謎」浅井 建爾 実業之日本社 2007年9月30日初刷

なぜ、鹿児島の人は熊本を嫌うのか
西南学院大学

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2010年11月