しらべる教育 常識

司法試験改革

最終更新 2007/1/6
法曹要員3000人の輩出を目指した、2004年度からの司法試験改革をまとめる。
裁判官検察官弁護士

2004年度
全国に法科大学院70校(公立と私立がある)開設
6000人が入学、うち2800人が社会人(辞職して入学)。
2006年度
法科大学院卒業生だけが受験できる、新司法試験始まる
2010年度
この年度を最後に現行の司法試験が廃止される。
2011年度
新司法試験のみが実施される初年度。
法務省試案は、この年度の合格者を3000人としている。
予備試験制度が始まる。
新司法試験では・・
2011年度以降、法科大学院を卒業するか、予備試験を通った者だけが受験できる。

受験回数は5年の中で3回以内に制限される。
法科大学院を出て、5年で3回落ちたら、次に予備試験に通れば、さらに次の5年で3回受験できる。チャンスは最大6回ということになる。

新制度により、合格率は上がるだろうが、必ず、法科大学院に行かなければならず、その授業料がかかる。現行制度よりも費用負担が大きくなる人もいるだろう。



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる  初出2006年12月