宋文洲

最終更新 2010/3/10
【そう ぶんしゅう】 SFAソフトに強いITベンダーソフトブレーン」の創業者。

【宋文洲の略歴】

1963年
中華人民共和国 山東省生まれ
1985年
国費留学生として来日
1992年
6月、ソフトブレーン創立
2002年
4月、「やっぱり変だよ、日本の営業」日経BP企画 出版
2005年
12月「努力しているヒマはない」出版
2006年
1月、ソフトブレーンの代表権を返上。
8月31日、ソフトブレーン取締役を辞任。マネージメント・アドバイザーとなる。
2007年
中華人民共和国経済事情の識者として多数テレビ出演する。ソフトブレーンのメルマガでは、中華人民共和国と日本を偏りなく俯瞰した視線で、有意義な文章を配信している。
2008年
レギュラー出演するNHKのテレビ番組「カンゴロンゴ」が始まる。

宋文洲は「やっぱり変だよ、日本の営業」の134ページで日本の経営者たちがIT技術の活用に積極的でない原因を次のように述べている。

(以下、引用)
大きな原因は顧客側にあるのではなくCRMSFAを売ってきた、いわゆる欧米かぶれのIT業者にあるのです。
(中略)
CRMやSFAの本質を分らない人たちが、日本の市場に合わないCRMやSFAのソフトを売ってきたのです。
(引用終わり)

日本には大変多い横着体質のITベンダー社員の耳には届かない言葉だろう。
(2003年11月記)

eセールスマネージャーが売れるに連れて、宋会長の唱えるお題目が壮大になっていき、eセールスマネージャーが持っている機能と乖離していった。
SFAは現場の営業と管理者のものであって、大企業トップの社交の道具ではない。宋会長のことばに感動した大企業トップがトップダウンで導入してもうまくいかない。(2004年5月記)

週に一度発行している宋のメルマガは、興味深い記事が多い。
宋文洲のメールマガジン
〜2009年3月記〜

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新