しらべる常識

とう道


地震などの災害から重要な社会基盤である通信ケーブルを守る目的で、地下に敷設されたトンネル

セキュリティ上の理由から、その場所は秘密。
NTTグループが地下にあるとう道で通信ケーブルを保守管理している。
NTTはとう道の総延長について「全国で1,000km」と謳っている。
NTTグループ社員は「とう道」を使っていることをセキュリティが高い証左として、販売促進時に宣伝している。

ガス管、送電線、水道管などを地下に埋めている場合、共同溝と呼ばれることが多い。
漢字表記は洞道



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2013年6月 最終更新 2013/6/13