松田聖子


戦後を代表する歌姫。
信愛女学園高−堀越高−芸能界
本名:神田則子〜旧姓 蒲池〜

聖子ちゃんの歴史

1962年3月10日
福岡県久留米市生まれ
1979年
4月、芸能界入りのために、久留米市の信愛女学園高校から堀越学園に転校。
12月、ドラマ「お大事に」で芸能界デビュー。
1980年
4月、「裸足の季節」で歌手デビュー
12月、レコード大賞新人賞受賞
1981年7月
「白いパラソル」から松本隆が作詞で参加。
1981年10月
「風立ちぬ」は大瀧詠一の作曲。
1984年1月
郷ひろみと別れたことをメディアに公表。
1984年11月
シングル「ハートのイアリング」発売。この曲はニューヨークから戻った佐野元春が作曲。
この曲の作詞家松本隆は2011年、佐野の番組「ソングライターズ」に出演して松田聖子を「美空ひばりを超える戦後を代表する歌姫」と論評した。
1985年4月
神田正輝との婚約を発表。
1986年10月1日
長女沙也加 誕生
1997年1月
神田正輝との離婚発表
1998年5月
歯科医・波多野浩之氏と結婚
2000年12月
波多野浩之氏と離婚
2001年4月
長女沙也加が芸名「SAYAKA」でデビュー。
2011年12月7日
80年代のヒット38曲を集めたブルースペックCD「SEIKO STORY」をソニーが発売。
2011年12月31日
紅白歌合戦に娘SAYAKAとデュエットで出演。カウントダウンライブ会場からの中継だった。
2012年6月13日
慶應大学准教授(氏名非公開)と入籍。
2013年7月7日
日本武道館公演が100回を迎えた。→松田聖子日本武道館100回記念コンサート
2016年12月31日
20回めの紅白歌合戦出場
毎年夏に全国主要都市ツアーをおこなっている。ラストは出身地の福岡
2013年のツアー名称は SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2013 "A Girl in the Wonder Land"
松田聖子日本武道館100回記念コンサート

歌手デビュー直後「週刊プレイボーイ」のインタビューで「Aはまだ。B、Cは意味も知らない」と答えていた。読者は「なぜB・Cの意味を知らないのに、Aは知っているんだ?」とツッコンだ。
徹底したカマトトぶりを発揮して、当時「すすめパイレーツ」で江口寿が多用していた表現「かわいこぶりっこ=ぶりっこ」の元祖となった。〜2001年5月記〜

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新