しらべるエンターテインメント

ニュース・ステーション

最終更新 2005/8/13
テレビ朝日、平日夜の帯ニュース番組。2004年3月終了

ニュースステーション最終回

1985年
10月7日、放送開始。
NHKが21時台に「NC9」を定着させたあと、テレビ朝日が22時台、唯一のニュース番組としてスタート。キャスターは数ヶ月前まで、TBSの局アナだった久米宏を起用。
キャスターがニュースを読むだけでなく、個人的見解を述べてしまうというスタイルに初めて取り組んだ。平易な言葉、工夫された模型・フリップ、CGなどで内容がわかりやすく、人気番組となる。
放送業界内には、アメリカの例を引き合いに出して「キャスター(アンカー)が私見を述べるのはよくない」という批判がある。確かに「久米宏が言うことは正しい」と鵜呑みにする視聴者が居るとしたら大変怖い番組と言える。「ニュース番組で久米宏という芸能人が私見を言っているだけ」という認識で見る分には楽しく有意義な番組。
1990年〜
三反園訓が出演を始める。
1998年
2月1日、「所沢市付近の野菜からダイオキシン検出」と誤報。「風評被害」という言葉を世に広めた。
5月、渡辺真理出演開始。
1999年
4月30日「最後の晩餐」集英社出版。
2000年
3月27日、21:54開始に変更(NHKが解説型ニュースを22時台に移行したため)。この時間変更が各局の夜の番組のスタート時間が毎時0分から、毎時54分になるきっかけとなった。2001年1月の番組改編時には9時スタートのドラマを初回だけ10:09終了とする「ニュースステーション対策」が講じられた。
この番組のCMスポンサー枠は人気が高く、一度降りるとなかなか戻ることができない。(2000年4月記)
2003年
8月、久米宏が番組キャスターを辞めることが発表される。
9月29日、テレビ朝日の本社移転に伴い放送スタジオが六本木ヒルズに移転。
2004年
3月26日、久米宏退任と共に番組は最終回を迎えた。後番組として古館一郎が進行する「報道ステーション」が始まる。
久米宏の功罪



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現  Copyright しらべる
Copyright しらべる