しらべる食べもの

日本のカレーの歴史

最終更新 2009/8/6 カレー記事一覧
日本カレーの歴史

1859年
横浜港開港 →カレー記念日
1860年
福沢諭吉が出版した辞書「増訂華英通語」にカレーという単語が載っている。
1872年 明治5年
カレーの作り方が「西洋料理通」「西洋料理指南」という本で日本に初めて紹介される。
1877年 明治10年
風月堂がカレーを店で出す。文献によっては1886年説あり
1941年
戦時下、カレーは「辛味入汁掛飯」と呼ばれた。
1948年
銀座「グリルスイス」でカツカレーが生まれた。
1950年 昭和25年
ベルカレーが初めて固形ルウを発売。
1963年 昭和38年
ハウスバーモントカレー発売
1968年 昭和43年
世界初のレトルトパウチ食品 大塚ボンカレー発売
1982年 昭和57年
カレーFCチェーンCoCo壱番屋一号店オープン
2001年
神奈川県横浜市にカレーミュージアムができ、6月2日をカレー記念日にしようと提唱した。
2007年
カレーミュージアム閉館。

参考文献「カレーのひみつ」学研 2005年10月

ラーメンの歴史  ●●の歴史
カレー  カレーの作り方



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2007年11月